ユリの花

海外では女性が避妊をするのがあたり前のようです。確かに私の友人にカナダ出身の帰国子女の子がいますが「ドラッグストアにアフターピルが置いてないの!!Why?!」と言っていました。

友人いわく妊娠してしまうのは女性も方なのだから妊娠をしたくないのなら避妊は女性が責任を持ってするべきで妊娠してしまって中絶をするのも女性なのだからと熱くなっていましたが、その話を聞いて確かに日本人女性は男性の避妊に頼り過ぎている感じがしました。

男性だけに避妊を任せない

紳士的な男性は女性のことを思ってちゃんとコンドームを装着して避妊してくれるけど、いつまでも男性に甘えていちゃいけないし、私が体験したようにいつコンドームに穴があいていて精液が漏れているかも分らないので女性も注意が必要だし、避妊に失敗した時の最終手段を知っておかなくてはならないと思います。

結局、最後に決めるのは女性自身ですし、出産をするのも中絶をするのも男性には身体的なダメージがないのです。アフターピルを服用した私が言えないですが妊娠は軽いものではないということを避妊に失敗した時に感じました。

避妊の失敗という、いつ起こるかも分からないハプニングに対処する為に、アフターピルを備える以外にも低用量ピルの効果がいつからあるのかを知っておいて損はありません。日本でも、これらのピルは通販で購入することができます。

アフターピルは最終的な方法で使用する

いくつかの薬
アフターピルはセックスの後に使用するから手軽で何度も頼りがちですが、生理の周期も乱れてしまうしホルモンバランスを崩してしまうので頻繁な服用はしないようにしてください。

それ以外にもアフターピルは排卵日を遅れさせるので何度も服用すると避妊率も低くなってしまうとも言われています。ピルを服用して消退出血が見られる前にもう1度服用してしまうと逆効果で妊娠してしまう可能性があります。

最低でも消退出血が見られるまではセックスをしないようにしましょう。でなければコンドームをしていても破損してしまう可能性があるからです。アフターピルの服用はしっかり守って避妊してください。